毎日のお食事、皆様それぞれこだわりがあるかと思いますが、ここでは賢いお食事の選び方、取り方についてご紹介して行きたいと思います。

 
ついつい食べ過ぎてしまう方、特に炭水化物がお好きで、お米がないとお食事とは言えないと言うような方、要注意です。

 
勿論、炭水化物という栄養素は身体にとって重要であり、脳にとって大切な栄養源ですから、全く食べないというのも良くないです。

 
先ずは、炭水化物を摂ると身体の中でどのようなことが起こるのか理解して行きましょう。

 
始めに血糖値が高くなり、インスリンが分泌され、各細胞にエネルギー源として糖を送り込むのです。

 
ここで重要なのが、細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が余ってしまっていると言う状態が危ないのです。

 
インスリンがこの残った糖を憎き脂肪細胞へと、送ってしまうのです。

 
よって脂肪が溜まり肥満となるという、恐ろしいサイクルが出来上がるのです。

 
勿論、沢山運動する方は次から次へと消費されて行くので、スタミナを保つためにもしっかり摂る必要があります。

 
このことから言えるのは、活動量が少ない方は食べる量、内容に気を付ける事を習慣づけるべきであるということです。

 
血糖値が急激に高くならない為にも、先ずは食物繊維の多い海藻や野菜から手をつけ良く噛み時間をかけながら食します。

 
少しずつ満足感が出て来たところで、魚、肉、卵、豆腐などのタンパク質に手をつけて行きます。

 
筋肉量やお肌の質を保つ為にも毎食必ず採りたい栄養素です。

 
そして最後に炭水化物に手をつけましょう。

 
これを守るだけでも少しずう身体は良い方向へ変化して行きますよ。”