» 未分類のブログ記事

9f36452b3239ce257380f3c533bdd861_s

グルテンフリーダイエットは今や海外のセレブ達にも人気のダイエット!
元ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルが考案したダイエット法です。

しかし、グルテンフリーダイエットを始めたとしても、どうしてもスイーツやパン、パスタ、が食べたくなったら…。
始める前から不安になりませんか?
でも大丈夫!
小麦粉を使ったものを食べてはいけないのですから、小麦を使わず他のもので代用して料理しちゃえばいいのです!

例えばパンやケーキが食べたくなったら、小麦粉の代わりに米粉やコーンスターチ、そば粉にチェンジして作ることが出来ます。
数年前から米粉のパンが流行りましたよね?
スーパーなどでも多く見かけるようになりましたし、手に入りやすくなりました。

パスタを食べたくなってしまったら、お米が原料で出来ているライスパスタやビーフン、フォーなどで代用してみましょう。

以外と気を付けなければいけないのが『カレー』です。
普段スーパーなどで売られているカレールーには小麦粉が含まれているのです。
カレールーを使わずにカレー粉、スパイスやトマトを使って作ることが出来ますよ。

ストレスにならないように工夫することがダイエット成功のコツですね。

この頃よく耳にする『グルテンフリーダイエット』
世界でも大ブームで大注目のダイエット法!
テレビや雑誌、新聞などのメディアでも紹介されていて、世界のセレブやハリウッド女優も実践している新しいダイエット法なんです。
なぜ『グルテンフリーダイエット』が人気なのでしょうか?

それは、キチンと食べて痩せやすい体質を作るから!
すなわち『キレイに痩せる』ということなのです。
無理なダイエットでお肌にハリが無くなったり、髪が痛んだりしては体重が減ったとしてもキレイに痩せたことにはならないですよね?

このダイエット法を考案してのが『エリカ・アンギャル』さん。
エリカ・アンギャルさんと言えば、ご存知の方も多いと思いますが、元ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントとして栄養指導とライフスタイルの指導を行ってきた美のエキスパート!
自身の著書には、キレイに健康で痩せるための方法が詰まっています。

6f7658bf4ec3e24330ed228e0c45f008_s

『グルテンフリーダイエット』とは、小麦、大麦、ライ麦に含まれるたんぱく質である『グルテン』を摂取しないダイエット。
『グルテン』は脳内で麻薬のような中毒性があり、食欲増加の原因になるんだとか・・・。
小麦粉を摂らない食生活に変えることなんです。

ダイエット中は、炭水化物を食べ過ぎるとよくないと言われていますが、どうしても食べたい時には、米粉パンや玄米パスタがおすすめです。小麦と比べてもカロリーが低く、タンパク質や食物繊維も豊富に含まれています。

 
ゆっくり消化されて腹持ちもよく、少しの量で満足できるのでダイエットに向いています。米粉パンなら和食にも合い、作り方も簡単です。

 

お店で買うこともできますが、お子さんが多い家庭には手作りがよく、ピザの生地にも使えます。

 

ピザならお子さんにも喜んで食べてくれますし、おやつにすることもできます。

 
最近、玄米パスタを販売しているお店が増えていますが、ビタミンやミネラルが豊富で、食べ応えもあります。

 

腹持ちもよく、ダイエット効果が高い食品で、卵や牛乳も使っていないので、アレルギーのあるお子さんにも安心して食べることができます。

 

ペンネも発売されていて、和風や洋風と通常のメニューを楽しめます。

 
ダイエット中は、低カロリー食品を選ぶ方が多いと思いますが、このような栄養価の高い食品を選んでダイエットするのがおすすめです。

 
パンやごはんを食べない方もいますが、雑穀ごはんなら栄養価も高く、ダイエット中も安心して食べられます。

ダイエットのためには小麦粉のグルテンを避けるべきだという考え方がありますが、お菓子には小麦粉が使われていることが多いです。

 

そんな小麦粉を使ったスイーツ、しかも砂糖やバターをたっぷり使って高脂肪高カロリーなお菓子はダイエットの敵ともいえます。

 
しかし、小麦粉を使わないヘルシーなお菓子であれば、食べ過ぎない程度なら食べてもいいのです。

小麦粉を米粉に代えて作ったお菓子(ケーキ、クッキーやパンケーキなど)はよく知られていますが、米粉をさらに玄米粉に代えればもっとヘルシーです。

 

玄米粉にはビタミンB1が含まれているのは有名ですが、食物繊維やミネラル類も多く、よりダイエット向きです。近年では玄米のぬか部分に含まれるガンマオリザノールという成分がヒトの高脂肪食への欲求を抑えるという研究もあり注目されています。

 
玄米粉のほかにもそば粉を使うという方法もあります。

 

そば粉もビタミン、ミネラル類が多く含まれ、食べても血糖値が急激に上がらないのでダイエットに適した食材です。

 
アーモンドもビタミン、ミネラル類が豊富で、独特のコクと香ばしさがあり、おいしくてヘルシーな食材です。

 

強い抗酸化力でアンチエイジングに効果を持つビタミンEが多いことでも注目されています。

 

玄米粉などと合わせてクッキーなどの焼き菓子にするのもおすすめです。

炭水化物は、体を作る上で大切な栄養成分であり、エネルギーの元になります。

 

また、疲労を回復させる作用があります。

 

しかし、それは多糖類に分類され、消化酵素により分解された単糖であるグルコースやブドウ糖にならなければ、脳や体を動かすエネルギーになることが出来ません。

 

特にグルコースがその働きを担う役割を大きく果たしており、これが不足すると、ホルモンバランスが崩れて、脳や神経が正常な機能がなされない(例えば、集中力が散漫になったり、肝臓本来の機能が低下したり、疲れやすくなります)ことになります。

 

また、ブドウ糖は肝臓にグリコーゲンとして蓄えられたり、血糖値を調整する働きを担っています。

 

では、逆に摂り過ぎると、急に血糖値が上がることになるので、値を下げるために、膵臓で大量にインスリンを放出することになります。

 

このため、頭がぼんやりしたり、無気力になったりします。

 

こういう状態になると、体への負担がかかり、ホルモンバランスを乱すことへ繋がります。

 

今度は脳が血糖値を正常に戻そうと、アドレナリンやノルアドレナリンを急激に分泌させなければなりません。最近ダイエット法の1つとして流行っていますが、このように摂り過ぎても、0に近い状態でもホルモンのバランスが崩れることになるので、注意が必要です。

 

毎日のお食事、皆様それぞれこだわりがあるかと思いますが、ここでは賢いお食事の選び方、取り方についてご紹介して行きたいと思います。

 
ついつい食べ過ぎてしまう方、特に炭水化物がお好きで、お米がないとお食事とは言えないと言うような方、要注意です。

 
勿論、炭水化物という栄養素は身体にとって重要であり、脳にとって大切な栄養源ですから、全く食べないというのも良くないです。

 
先ずは、炭水化物を摂ると身体の中でどのようなことが起こるのか理解して行きましょう。

 
始めに血糖値が高くなり、インスリンが分泌され、各細胞にエネルギー源として糖を送り込むのです。

 
ここで重要なのが、細胞に糖が行き渡ってもまだ糖が余ってしまっていると言う状態が危ないのです。

 
インスリンがこの残った糖を憎き脂肪細胞へと、送ってしまうのです。

 
よって脂肪が溜まり肥満となるという、恐ろしいサイクルが出来上がるのです。

 
勿論、沢山運動する方は次から次へと消費されて行くので、スタミナを保つためにもしっかり摂る必要があります。

 
このことから言えるのは、活動量が少ない方は食べる量、内容に気を付ける事を習慣づけるべきであるということです。

 
血糖値が急激に高くならない為にも、先ずは食物繊維の多い海藻や野菜から手をつけ良く噛み時間をかけながら食します。

 
少しずつ満足感が出て来たところで、魚、肉、卵、豆腐などのタンパク質に手をつけて行きます。

 
筋肉量やお肌の質を保つ為にも毎食必ず採りたい栄養素です。

 
そして最後に炭水化物に手をつけましょう。

 
これを守るだけでも少しずう身体は良い方向へ変化して行きますよ。”

健康的な身体を作る上で、食事は欠かせません。

 

食事をするという行為は、生命を維持することはもちろん、私たちの楽しみでもあります。

 

大切な食事を見直してみることで、新しい自分に出会えるかもしれません。

早速ですが、食事は1日3食が基本です。

 

健康的な食事を心がけていても、バランスが偏ってしまうこともあるでしょう。

 

楽しみながら食べて健康的になることが一番です。

 

外食の機会も少なくない方におすすめなのが、メニューに悩んだら和食を選んでみてください。

なにより栄養がとても豊富で

、もれなく野菜も摂れます。調理法も洋食に比べて油をカットできるのでカロリーも抑えられます。

 

体型が気になるけどお腹いっぱい食べたい方にはぴったりです。

豆腐や納豆、味噌などの豆類を含む食品は、植物性たんぱく質が豊富にあり、カロリーを抑えてるだけでなく美容にも良いとされています。

 

魚にもDHAやEPAが含まれており、中性脂肪を下げる働きがあったり、血液サラサラになったりと目からウロコな効果があります。調理法もシンプルなものが多いので、素材の味を引き出してくれます。旬の食材を使用することで、おいしさも増すことでしょう。

 

無理なく食べて健康的になれるそんな理想の食事を自分から選ぶことがなにより大切なことです。

ハリウッドセレブがやっているということで最近話題となっているのが、グルテンを摂取しないというダイエット法です。

 
グルテンとは小麦、大麦、ライ麦などに含まれるタンパク質で、パンがふっくら膨らんだり、うどんがモチモチするのはグルテンの効用です。

おいしい食感にグルテンは欠かせないものですが、人によっては依存症(食べるともっと欲しくなって、食欲が止らない)が出たりします。

また、小麦に含まれるでんぷんは、血糖値を急上昇させるために太りやす
くなります。

 
そこでスリムアップのためにグルテンを含まない食品を食べようというのが、このダイエット方法です。

 
グルテンを含んでいる食品として、パン、パスタ、うどん、ピザ生地、ぎょうざの皮、ケーキ、クッキーなどがあります。市販のカレーやシチューのルーにも小麦が使われているので要注意です。

 
アルコール飲料では、ビールや発泡酒は主原料に麦芽が含まれているので禁止です。

 

ただし、「第三のビール」には小麦を使っていない商品がありますので、「ビールの喉ごしが味わえないのはつらい」という方は商品の成分表を確認してみましょう。

原料に麦を使わない日本酒やワイン、麦芽を原料にするが蒸留するために商品にはグルテンが含まれない焼酎やウイスキーは飲んでもよいです。

NGフードの代表例

| 未分類 |

糖質や脂質はダイエットの敵とされてきましたが、最近になってダイエッターの間で敵視されているのが小麦や大麦、ライ麦などに含まれるたんぱく質である「グルテン」です。
小麦粉を水で捏ねるとネバネバしてきて、焼くともっちりふんわりになりますが、この粘りと弾力性はグルテンの働きによるものです。
グルテンがなぜダイエットに悪いのかについては諸説ありますが、中毒性があるという説もあります。

そもそも小麦粉は食べると急に血糖値が上がるので太りやすくなるのですが、グルテンによる中毒性のために小麦粉の摂取に歯止めがかからなくなるのではないかと考えられています。
科学的根拠は置いておいても、小麦食品のおいしさの元でもあるグルテンを抜いたものばかり食べていれば、食事は味気ないものになり、ダイエットが捗るのは確かでしょう。
このダイエット法で避ける

べきだとされている食品は、グルテンを含む食品、つまり、小麦粉を使った食品です。
つまり、あらゆる種類のパン、スパゲッティやマカロニなどのパスタ、そしてうどんなどの麺類です。
例えば、マカロニグラタンなどは、具がパスタである上に、ホワイトソースにも小麦粉が使われているので是非とも避けたい料理と言えます。
ピザ生地や餃子の皮も小麦粉を使っているのでNGとされます。
ケーキやパイ、シュークリームなどの小麦粉を使ったお菓子類ももちろん控えます。

OKフードの代表例

| 未分類 |

美容と健康のためには、タンパク質やコラーゲンを豊富に含む肉を食べることが大切です。

同時にビタミン類が豊富な野菜を一緒に食べることによって、ビタミンCの働きでコラーゲンの生成を促すことができます。

ごはんを食べるときは、炭水化物を気にしすぎて食べないのはよくありません。

なるべくバランスよく穀物類も食べることが大切です。

ごはんには炭水化物だけでなく、植物性のタンパク質も含まれ、すぐれた栄養食品でもあります。

鶏卵は栄養の塊のような食品です。タンパク質、ミネラル、ビタミン類を多く含んでいます。

美容のためになるカルシウムも含んでいます。

食事をするときはなるべく品目を増やすことが大切です。

たくさんの食材を体内に取り入れることによって、免疫力も強化することができます。

主食となる穀物は色々とありますが、ごはんほど飽きずに食べ続けられ、栄養価も高いものは珍しいものです。

時には麦飯にしたり、玄米飯にしたりすると、さらに栄養価が高い主食となります。
麦飯には豊富にビタミンB1が含まれているため、疲労回復を促進することができます。

卵はコレストロールが気になって敬遠する人もいますが、1日に1個くらい食べる程度なら気にする必要はありません。